更新日:2017/6/26

うつ病治療と現代アメリカ社会

うつ病治療と現代アメリカ社会

もくじ
序章
第一章  ふたつのアメリカ
第二章  うつを引き起こした様々な人生
第三章  彼らはどのようにしてヘルプにたどり着いたのか?
第四章  アメリカのうつ病治療
第五章  アメリカ精神医学の行方
第六章  日本は何を学べるか?

著者略歴
川西結子 :大阪府出身。同志社大学卒。カリフォルニア大学ロスアンジェルス校(UCLA)にて社会学博士号(Ph.D)取得。テンプル大学日本校にて社会学、アジア研究で教鞭をとり、その後、東京学芸大学留学生センター教授。2009年退職。2008年から安倍フェローシッププログラムフェローとしてコロンビア大学臨床心理学科、ニューヨーク市立大学ハンターカレッジ福祉大学院にて客員研究員。現在ニューヨークで、サイコセラピーの勉強、研修中。学術研究の他に、執筆、メディアを通じて長年海外に向けて日本人の社会心理について解説を続けている。
主な著書:Families Coping with Mental Illness: Stories from the U.S. and Japan,Routledge(USA),2006
Mental Health Challenges Facing Contemporary Japanese Society: The Lonely People,Global Oriental (UK),2009等

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional