更新日:2018/8/3

依存症からの脱出

依存症からの脱出

目次
 プロローグ やめられない、リスクは隣に
1章 ネットに吸い込まれ
 1 高校卒業に6年--夜通しゲーム、遠のく学校
 2 「おれはネット依存だ!」
 3 試行錯誤する医療機関
2章 らせんの苦しみ
 1 元「歌のお兄さん」、再起の舞台
 2 仲間との共感が転機に
 3 酒でざわつき紛らわせ
 4 借金を重ねてパチンコ
 5 危険ドラッグ事故
3章 家族ゆえ
 1 「ご主人を逮捕しました」
 2 夫が急変、アルコール依存症に
 3 断とうともがく 父からの連鎖
 4 家族会に携わる男性
 5 「共依存」にきづいた女性
4章 医療に何ができるか
 1 駒ヶ根の模索
 2 精神科と連携する内科医
 3 カジノ解禁、足元の現実
 4 我慢しすぎる「過剰反応」
 5 飲酒欲求を抑える新薬
 6 ギャンブル依存を脳画像から探る
5章 地域で支える
 1 池田のグループ、励まし合って
 2 長野ダルク一般社団法人化
 3 東京の通所施設の「離れた机」
 4 ネット依存の少年を集め野外キャンプ
 5 ギャンブル依存、借金返済も支援
 6 自助グループ参加にも配慮
 7 保健師にできることを問い続け
6章 変わるか業界
 1 20兆円産業パチンコ 提供側の論理、省みる機運
 2 ビールCMに変化、刺激を考慮し自主基準
 3 ゲームに「はまらせる技術」
 4 学校に講師派遣を始めたLINE
7章 罪に終わらせず
 1 放火の陰に「病的賭博」
 2 飲酒運転摘発の先へ 福岡の試み
 3 薬物捜査のいたちごっこ
 4 刑務所で回復プログラム
 5 治療優先の発想
 6 裁判後も窃盗症からの回復を支援
8章 小さくても一歩
 1 元「歌のお兄さん」の誕生日
 2 自助グループの女性仲間3人
 3 ギャンブル依存症克服へ
 4 断酒しながら働く喜び
 5 佐久の試み ネットの使い方は生徒が決める
 6 壊れかけた親子 絆再び
 エピローグ 新たなつながりへ踏み出す

特集 もっと知りたい「依存症」
 ◆知りたい、ネット依存
  久里浜医療センター 樋口進院長
  ネット依存の定義いまだ 基準も複数
  ネット依存、「先進」韓国も対策の途上
  韓国カトリック大学聖母病院教授 李亥國に聞く
  韓国の法的規制、業界は反発を強める
 ◆なぜやめられないのか
  国立精神・神経医療センター 松本俊彦部長に聞く
  「脳内報酬系」と快感の記憶
  推計人数、実態は見えず
  韓国ギャンブル依存症対策
 ◆依存症と向き合う
  作家・アルコール依存症当事者 月乃光司
 ◆刑罰より治療--世界との比較
  英国の事情に詳しい岡山の精神科医 橋本望
  イタリアの場合 少量の薬物は「非刑罰化」
  「酒に寛容な」日本--各国の規制紹介
「伝えたい」--読者の生の声から
信毎健康フォーラム「アルコール依存症」
アルコール依存症とは何か 信州大学病院助教 中村敏範
治療への道筋 長野県立こころの医療センター駒ヶ根院長 樋掛忠彦
断酒会の役割と家族 長野県断酒連合会加盟・こまみ会グループ代表 松村勝美
パネルディスカッション
あとがき 
    

   

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional