更新日:2017/6/26

科学と日常性の文脈

科学と日常性の文脈

・村上陽一郎著/46判220頁、1650円/ISBN4-87525-073-8
人間と言語と科学の相関関係を機能的・重構造的に捉えた新しいモデルを提出。科学の位置づけをはじめ日常世界全般に適用可能な幅広い基本論理。

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional