更新日:2017/6/9

エッシャーの絵から結晶構造へ

エッシャーの絵から結晶構造へ

画像の説明

好評のモナド①の増補版。不思議なエッシャーの絵を糸口に、家紋における対称図形を調べ上げ、繰り返し模様の本質に迫る。そして、その系統的な作り方を考案し、読者に伝授する。また、コンピュータでその基本パターンを描かせ、それを公開。それは二次元ではタイル貼りやふすま模様、着物の模様などに応用でき、三次元に応用すれば、結晶構造の解明に到る。
この増補版では、現代的な話題であるフラクタルとパータイリングを追加し、読者の興味に資する。
自分でエッシャーばりの繰り返し模様に挑戦できる楽しい読み物である。

目次
 本書について             福田 宏  
 まえがき               中村義作 
第1章 エッシャーの絵画と平面上の繰り返し模様  
第2章 家紋に見るさまざまな対称性        
第3章 一次元の繰り返し模様と二次元のブラベ格子 
第4章 二次元の繰り返し模様とタイル張り     
第5章 二次元の繰り返し模様の系統的な作り方(四回割り)
第6章 二次元の繰り返し模様の系統的な作り方(三回・六回割り)
第7章 ゴスパーの怪物曲線とタイル張り(三回割り)   
第8章 パータイリング
第9章 結晶構造と三次元の繰り返し模様へのいざない 
結び 
文献 

                             

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional