更新日:2017/7/14

宗教・哲学

宗教・哲学

文化と宗教・基礎用語事典-授業、講義、キャリアのための101の基本概念 

ベアーテ=イレーネ・ヘーメル、トーマス・シュライエック編著
岡野治子監訳 硲 智樹/岡野 薫訳/46判函入り320頁/本体価格 3600円/ISBN:978-4-87525-317-4

画像の説明

■世界至るところで起きている社会的変動。そのプロセスに向き合う今日、熱い議論の中心は二つの領域、文化と宗教である。それらはさまざまに重なり、交差する。それがこの『基礎用語事典』の対象である。

この小事典は101の項目を擁し、最終的には、高校の授業、大学の講義・ゼミ、さらには職業人の教養のためといった種々異なる要請に応えようとするもの。■本書は事典としてよりも、読み物として愛読されよう。簡にして要を得た一流の学者たちの説明は、この社会を理解させてくれるとともに、人生を豊かにさせてくれよう。

占いと神託

・M.ローウェ・C.ブラッカー編、島田裕巳他訳/46判平均376頁、口絵12頁、2800円/ISBN4-87525-100-9

神と空

・島田裕巳著/46判256頁、2000円/ISBN4-87525-177-7

いま 宗教をどうとらえるか

・宗教社会学研究会編/46判256頁、2330円/ISBN4-87525-147-5

科学と日常性の文脈 [品切れ]

・村上陽一郎著/46判220頁、1650円/ISBN4-87525-073-8

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional