更新日:2017/11/1

生物系

生物系

琵琶湖は呼吸する

熊谷道夫、浜端悦治、奥田昇著/46判 176頁/本体価格1800円/ISBN:978-4-87525-321-1

画像の説明

京阪神の水がめであり、景勝地の多いことで知られる琵琶湖だが、琵琶湖の大きな水の流れについては余り知られていない。琵琶湖に注ぐ川からの冷たい雪解け水が湖底に向かって流れ、対流を作る。これによって上・下の水が循環し、一緒に酸素も運ぶ。これが琵琶湖に棲む生き物たちの命の水となる。この現象を科学者たちは「呼吸する」と呼んだのだ。水の流れは上下のみならず、大きな渦を巻くように水平にも流れる。これは地球の自転によるものだ。「琵琶湖にできる渦は世界一美しい」と彼らは言う。
日本最大の湖・琵琶湖は日本列島がまだ大陸とつながっていた頃から存在し、実は日本最古の湖でもある。琵琶湖はどのようにしてできたのか、そしていま琵琶湖に起きている異変とは何か。珍しい写真や湖底探査の最新データも合わせ、科学者たちが報告する。謎解きとロマンに満ちた物語としても読め、琵琶湖から地球温暖化の行方が垣間見えてくる。

心はどこまで脳にあるか脳科学の最前線

大谷 悟著/46判264頁、本体価格:1800円/ISBN978-4-87525-253-5

みちくさ生物哲学 ーフランスからよせる「こころ」のイデア論

大谷 悟著/46判216頁、本体価格:1800円/ISBN978-4-87525-193-4

知性の脳構造と進化 精神の生物学序説

澤口俊之著/46判240頁、本体価格:2200円/ISBN4-87525-127-9

自然のかくし絵   サイエンスからアートへ

岩波洋造著/46版 192頁/本体価格:1650円/ISBN 4-87525-246-7

アートぬり絵   バイオアート入門

岩波洋造著/B5版 164頁/本体価格:2400円/ISBN 4-87525-248-1

HQ論:人間性の脳科学

澤口俊之著/46判366頁、本体価格:3000円/ISBN4-87525-225-0

構造主義生物学とは何か 多元主義による世界解読の試み

池田清彦/46判 304頁/ 本体2500円/ISBN4-87525-120-0

構造主義と進化論

池田清彦/46判 284頁/ 本体2200円/ISBN4-87525-128-6

DNAからみた人類の起源と進化 分子人類学序説(増補版)

長谷川政美/46判 304頁/ 本体2500円/ISBN4-87525-102-6

地球の海と生命 海洋生物学序説

西村三郎/46判 296頁/ 本体2500円/ISBN4-87525-087-6

森に学ぶ  エコロジーから自然保護へ

四手井網英/46判 242頁/ 本体2000円/ISBN4-87525-154-5

植物のくらし 人のくらし

沼田 眞/46判 244頁/ 本体2000円/ISBN4-87525-156-9

野生動物と共存するために

R.F.ダスマン著・丸山直樹他訳/46判 280頁/ 本体2330円/ISBN4-87525-103-3

東京樹木めぐり

岩槻邦男著/46判 210頁,口絵4頁/ 本体1600円/ISBN4-87525-187-3

突発出現ウィルス

S・モース編著・佐藤雅彦訳/A5判 530頁/ 本体6000円/ISBN4-87525-189-7

有機畑の生態系  家庭菜園をはじめよう

三井和子著/46判 214頁/ 本体1400円/ISBN4-87525-199-6

EU野菜事情  ホウレンソウを中心に

三井和子著/46判 208頁/ 本体1800円/ISBN4-87525-254-2

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional