更新日:2017/6/9

人体 5億年の記憶

人体 5億年の記憶

  • もくじー
    1 三木成夫とは?
     (1)奇妙な授業――大学に入学し三木成夫と出会った
     (2)日本の解剖学における三木成夫の先人たち
     (3)ライフワークは未完だったのか
    2 人体の中の「動物」
     (1)運動系(骨と筋肉)
     (2)神経系(脳と神経)
     (3)感覚系(目、耳、皮膚)
    3 「こころ」はどこにあるのか?
    4 人体の中の「植物」
     (1)吸収系(胃腸と肺)
     (2)循環系(心臓と血管)
     (3)排出系(泌尿・生殖器)
    5 三木成夫の人間観
     (1)「胎児」――個体発生と系統発生
     (2)「3歳児」――指差し、呼称音、直立、言葉
     (3)「生命記憶」――ヒトの体には五億年の記憶がある
     三木成夫の略歴と著作物一覧

著者略歴
解剖学者・美術批評家。1960年群馬県生まれ。東京芸術大学美術学部卒業。同大学院美術研究科博士課程修了(美術解剖学専攻)。東京大学医学部助手(解剖学)などを経て、現在に至る。大学院生のとき、恩師・三木成夫の紹介で養老孟司と出会い、27歳のとき養老との共著『解剖の時間』を出版、28歳で単著『脳の中の美術館』を出版。大学院生のときに出版したこの二冊を皮切りに、現在まで約50冊の著書を出す。主な著書に『脳の中の美術館』『体の中の美術館』『絵筆のいらない絵画教室』『自然の中の絵画教室』『「進撃の巨人」と解剖学』など。また美術批評の著作も多く、『「モナリザ」の微笑み』『構図がわかれば絵画がわかる』『遠近法がわかれば絵画がわかる』など。解剖学をベースに芸術と科学の交差する美の世界を探求。

powered by Quick Homepage Maker 4.75
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional